【初期費用をグッと節約】レンタルオフィスの契約を検討してみよう

一等地で事務所開設

オフィス

初期費用を抑える

都心の一等地である新宿、新宿で将来会社を設立したい、しかし問題は毎月の賃料です。毎月の賃料が高いからといってあきらめるのではなく、レンタルオフィスという手段があります。一般的な貸事務所は、契約時に敷金・礼金、内装工事、ビジネス機器や家具の購入など初期費用がかかってしまいます。また保証金として賃料の12ヶ月分かかるのが相場です。その点、レンタルオフィスであれば保証金は賃料の3ヶ月分というのが多く、ビジネスに必要な機器や家具なども揃っています。そのため低予算でスタートをさせることができるのです。レンタルオフィスは、駅や繁華街の近くなど比較的立地条件の良いところにあります。アクセスが良いにもかかわらず低価格です。そして、電話やコピー機、机などのビジネスに必要な機器は最初から揃っています。そのため自分で新しく購入する必要が無く、備品が揃っているので初期費用を安く抑えることができるのです。また、レンタルオフィスには共用スペースがあります。起業家同士の交流もできるので情報交換をすることもできます。さらには、オプションになりますが電話転送や秘書業務、郵便物の手配、会議室の利用なども行うことができます。部屋の大きさも多数あり、会社の整調に合わせてスペースの広い部屋に引越しをすることもできます。新宿で貸事務所を借りてスタートするとなったら多額の初期費用がかかりますが、レンタルオフィスであれば新宿で事業をスタートできるハードルが低くなります。